ある日の事

コンコン

響き渡るノックの音

誰?・・・・・?

時計と見ると深夜の2時

ドアを開ける音、若い女の声に低い男の声・・・

眠い・・・・・zzz

あ~~いや~~~あーーん

壁越しに漏れてくれるエッチな音

何をしてるか想像できる・・・・だが

眠い・・・・・zz

ジャーーー

シャワーを浴びる音

最後の会話

『ありがとう』

ドアを閉める音

眠い・・・・・z

ふ~ゆっくり寝れる・・・・・・

寝れない・・・・・

愚息が・・・・

隣の奴のせいで目覚め

隣の奴のせいで愚息も俺もエッチのスイッチが

隣の奴のせいでデリエッチを覗き

隣の奴のせいでお店を探し

呼んでしまった。

今から

隣の奴に私と同じ思いをさせてやる

くだらない出来事を書いてしまった。(p_-)